沖縄への一人旅の心得

現地の人や旅行客との交流を楽しんで

一人旅となると、おひとり様の気分をゆったり楽しみたいという人も少なくありませんよね。沖縄の場合は現地の人たちがとても気さくなのでおひとり様でいると声を掛けられることが多いですし、気づいたら一緒にお酒を飲み交わしているという事も珍しくありません。また自分以外にも観光で沖縄に来ている人たちが多いので、現地の人たちだけではなくほかの観光客と一緒に騒いで楽しむという時間も意外と多いです。そのため、沖縄への一人旅はただおひとり様の気分を満喫するのではなく、現地の人たちや他の旅行客との交流も楽しむことが大切だとされています。

場合によっては思わぬトラブルになることもありますが、それも一人旅の醍醐味として受け入れることも必要です。

体調管理はしっかり行う

ほかにも沖縄への一人旅での大切な心得として言われているのが、体調管理に関することです。沖縄は日本の中でも南国に位置しており、本州とはまた違った気候や天候となっています。特に日差しが強いため熱中症や日焼けになってしまうことが多いため、できる限り事前に対策をしておく必要があるのです。また複数人での旅行であれば体調が悪くなっても誰かが気づいてくれたり色々と手配してくれますが、一人旅の場合は自分で体調を把握したり必要に応じて手配をしなければいけません。

このため事前の対策だけではなく、万が一体調不良になった場合にどのように対応するのか、駆け込める病院の確認や移動手段の確保も考えておくことが必要だとされています。

竹富島のツアーは離島初心者にも大人気です。石垣島から10分で、水牛車やコンドイビーチなど非日常の体験ができます。