沖縄への一人旅でかかる費用

突き詰めれば結構安い、宿泊と移動の費用

国内旅行でいけるリゾート地、南国沖縄は定番の観光地です。観光に力を入れている沖縄は毎年多くの観光客が訪れますが、実際に沖縄への旅行にはどの位の費用が必要かご存知でしょうか。移動費や宿泊費などは勿論、観光地巡りなども加えると予算は高くなると予想しがちですが、一人旅の場合は案外安く済むことが多いのが沖縄観光です。シーズンにもよりますが、航空チケット代金はLCCなどを利用すれば安く抑えられますし、男性の一人旅であれば宿泊先は素泊まりのみにすることで宿泊費も格安になります。羽田発着で格安航空会社を利用した場合、沖縄本島への飛行機代は高くても往復20000円、宿泊はゲストハウスで一泊2000円、この金額が移動と宿泊の最低ラインと考えていいでしょう。

費用が少なくても沖縄は満喫できる

沖縄への一人旅で何を重視するかによりますが、観光客が一番利用することが多いのはマリンスポーツです。中でも人気のスキューバダイビングは10000円前半で体験できます。食費は食堂なら高くても1000円、移動はモノレールで行ける範囲なら数100円、バスやタクシーもありますが、パワーポイントなど行きたい場所がある場合はレンタカーを1日3000円程度で借りることになります。他、離党へ移動するとなると別費用が必要です。沖縄観光は、沖縄独特の雰囲気を楽しむことをメインにしている人が多いので、旅行費用はあまり高額になりません。勿論リゾートホテルを連泊したり食事のグレードを上げると費用は跳ね上がります。計画的に沖縄の旅を楽しみましょう。

与論島は亜熱帯に位置し夏は日差しが強くなるため、夏期に与論島の旅行に行く際は紫外線対策をしっかり行うことが大切です。